25年のメンヘラから生き返った人 

メンヘラだった私の闘病記

小児科の入院ってキラキラしてるから,階が違ってよかったなって。 

少5で、入院中のある日
散歩が長引いて 門限を過ぎてしまった。

ふと、この軍隊みたいな生活をサボりたくなって ,
このまま家に帰っちゃおぉかなぁとか 考えた。

どこに行けばいいんだろう…

その当時、入院中に親が離婚してたようで、
父からは離婚したら今の家には住めないと聞いてた。

出ていった母に付いていったが厄介がられて、
入院した訳だから、母の所にも行けず。

大好きだった小学校は体調不良で、登校できなくなったのを、
登校拒否って特別扱いされて、そのまま入院したから、ちゃんとお別れできなかった。

退院しても、もとの学校に戻れなくて。

あぁ 帰る場所がないんだなぁって思った。
病気になってから、家にも、学校も戻れなくて、お父さんも お母さんも離れて・・・

あぁ、私ひとりで、どうしようもないんだなぁ、って 
どこにも行く所がないんだなぁって

雨が強くなってきたから、病棟戻った。
ごめんなさいと謝って、また軍隊みたいな生活に戻った。

薬で頭ヤラレタ知らない人にいきなり怒鳴られたり、殴られたり。
不思議な人に囲まれた精神病院にいた。
親は来ない。友達にも会えない小学5年の冬の事。

それを話したら、カウンセラーさんが目に涙を貯めてて、
もしかしたら当時の私も、辛かったのかもしれないぁと思った。
昨日のカウンセリング

みんなは 小学5年の時に、どんな生活してたんだろう。
帰る所はあった?学校にいって、友達はいた?

私は、一階うえの小児科が眩しかったよ。
親が居て、治療に協力的なの。

みんなベッドに、千羽鶴や色紙や花があって。
週末はお見舞いで 学校の先生や、友達が来て。

がんばって治療して、ここを出て、家と学校に戻ることを目指してる病棟でね。

看護婦さんも、親も、先生も
大人が子供を応援してくれる雰囲気が、とてもキラキラしてたよ。