25年のメンヘラから生き返った人 

メンヘラだった私の闘病記

エリートの寂しさ?なの 2015年4月20日

高校の時に部活で、えらく好かれてた後輩がいました。
部活は、部員100人の吹奏楽、全員女子(笑) 全国大会にたびたび出場する強豪部です。

彼女は、中学からバリバリ活躍、高校へは部活推薦、1年にてコンクールメンバー入りする吹奏楽エリート 木管
(その後は音大→プロとして演奏したり、講師したり、母校の指導もしてます)

私は初心者で入部→3年目でもペーペー、あとから入った経験者の後輩のがうまいお荷物部員。金管

3年でコンクールメンバー50人に入れて貰えたけど、重要な所は後輩が吹き、
音程が合わなくて、吹きマネするだけの所もたくさん、大音量の所だけ吹く事を許される程度でした。

コンクールメンバーに選ばれたのは、実力でなく、テストの成績だよ(泣)
吹奏楽やっても、成績がトップ圏だったから。

だから、卒業した後、私はかつて自分が下手で、同期にすごい足をひっぱっていた事が、恥かしくて、申し訳なくて、
自分から結構遠ざかってました。

同期は5.6人~10人でゆるくつるんでて、みんなで演奏会見に行ったりした時に、例の彼女に会った様子。
で、その時こんな会話があったそうで。

彼女 「わぁ~先輩たち、みなさんで(゚∀゚)! あれモチコ先輩…」
友 「モチコは都合つかなかったみたいで」
彼女 「あ、そうなんですか(´・ω・`)・・・・」
友達  沈黙 

後で友達から、「○○に会ったけど、モッチいなくて、しょんぼりしてたよ。」
「うちらに会っても、嬉しそうじゃなかったよw うちらだけは、ダメだったみたいだよw」
って大笑いされながら報告受けた。


彼女とは、3年と1年で、楽器も違うけど、家の方向が一緒だったから、たまに一緒に帰ってて、
その時に、特定のフルートの子達の話ばっかしてて、うまいから憧れるんです×10 を聞いてバイバイヾ(´・ω・`)

私には彼女が憧れる、好かれる要素が全く見当たらないw

でも、好かれてるから悪い気はしないし、基本うまい後輩には邪険にされてたから、
こんなうまい子が、私を邪険にせず、好いてくれるってのは嬉しかったし謎だった。
仲良くしてた (というか言い寄られて相手してた)

エリートには、エリートのさびしさがあるのかな。不思議すぎる