25年のメンヘラから生き返った人 

メンヘラだった私の闘病記

HNKの取材や、福祉について思う事 2 

HNKの取材や、福祉について思う事の続きです。

 

気分を害す方もいるかもしれまんせが、

ある程度、夢中で自分の人生を生きてる人間や、

私のように病気を克服した身でも意識は低かったりします。

(何度も入院しといてこのざまですよ。。。当事者のくせに意識低すぎてなんかスイマセン。)

 

私の接してきた福祉

 

①見舞いに来てくれた大学生のボランティア集団がチャラチャラして楽しそうだった(笑

病室で私に優しくれて楽しかった。

それ以外は、子供をダシにしているせいか優しく見えるのでモテてる模様 

みんな、病院出たら雰囲気変わった。それだけ病院が暗いって事だろうか。

普段は適当に大学いって、さぼりつつウェーイって楽しそうな人たちだった

(それもあって、私も大学行ってみたかった)

希望をくれたマイルドヤンキー集団

 

②母の教え子の人が、大学で子供の研究をしたいそうで、大学で上京してた

今は地元で何か教える人をしてるらしい。

センシティブなお年頃の私の難しい子供心は何も分からず、頼りになる訳でもなく、支えになる訳でもなく、なぜか合鍵もってて入院の一時帰宅にかぶったりして若干迷惑だった。

なんで知らん間に勝手に弟の部屋にベット持ち込んで寝泊りしてるのかな。

私と年が近いからなんか気まずいし、この人が福祉系の人らしい。

この手の人の間の取り方や関係の築き方が苦手

 

③高校の時に感じた福祉 

ハンディキャップあるってだけで、大学も就職も楽々か、ええなぁ(失礼)

帰国子女は文法できないけど、発音いいだけで、学力試験なくいっつも進学できてええな(失礼)

 

主張コンクールだって、凡人がどんだけいいこと書こうが、

選ばれるメンバーは、毎回決まってるしな。

(選ばる訳ないから、無理せず自分は手を抜こう)

 

同級生からのヘイトを影で買ってるからかわいそうだな

(学校の宣伝になるって大変だな)

 

同じ土俵は辛いだろうから、私はペーパー試験頑張ろう。

人格も何も分からない詰め込み式テストって凡人向けで楽だな。
そもそも人格以前に、面接受けれるとか、推薦されるとか、自分アピの特別な機会やチャンスが何も回ってこない件)

 

なんか、ここまで書いて糞JKでしたわ。

もちこ自身は、病気克服したり、それで推薦されて~みたいで高校行ったわけでなく、親にも学校にも「甘ったれるな」と言われて、クッソ難しい勉強して一般受験で高校に入ったから、同じような立場の子で、学力なくても事情があって推薦されてる子みると、そう思うんですわ。

だからといって在学中に、何か無視したとかそうゆう訳でなく、近い立場だと妬みやひがみを持ちそうだし、嫉妬しないように、棲み分けって意味でガリ勉ペーパー試験派を貫いてました。

  気を悪くされた方、すいません。本当にすいません。

これが、ハンディキャップのや帰国子女が多い学校で感じた凡優等生の感想です。

 

④今考える福祉 

介護ロボットできないかな。

弟が介護だっけ、マジ尊敬リスペクト!

結婚して相手の親の介護しないといけなくなった時のための再就職しようかな

 保育園落ちたしねとか、騒ぎだな(自分は遠い世界にいよう)

○○落ちたしね (あー、嫌な気分になるわ、パソコンそっとじ)

 

そんな認識です。

 

基本私は①~④程度です。意識低いですよ(笑)

っていうか、マイナスイメージしかないです(笑)

 

興味も接点もたくさんあれど、遠ざけてますね。そのほうが心が穏やかです。

 国や福祉や制度って、自分の力が及ばないから、それと戦ってイライラしたりしたくない。

しかし世の中の人が問題提議しているって事は、

きっと世の中がいい方法に行ってる証だと思うし、

私のような放置子が少なくなるきっかけになればいいなとは思います。

そして、自分がまだ何か提供する立場や、段階にもいないなと感じました。 

 

みんな自分の好きな事を追求したり、それが仕事になるような事や、夢中になれる事、自分の幸せを考えればいいんじゃないかな。

だってそうしたら妬みやひがみがなく暮らせるから。

一市民の小さい立場ではそう考えてます。